婚姻費用分担って何?

婚姻中の夫婦には、お互いの生活を助けあって維持する義務があり、婚姻から生じる費用についても、それぞれの収入の大小その他の事情を考慮して分担することになっています。このような費用のことを「婚姻費用」と呼んでおり、具体的には、住居費や食費、衣料費、子供の養育費、医療費、交際費など、夫婦やその子供が家族として日常生活をいとなむ上で必要となるであろうもろもろの経費が含まれます。
婚姻生活が円満に推移している場合は特にこの費用の分担について問題は生じませんが、夫婦の関係がこじれてしまった場合、例えば夫婦が別居生活に至ってしまった場合などについては、婚姻費用をどのように分担すべきかが問題となります。
このような場合ですが、たとえ夫婦のどちらかが家を出て別居状態になってしまったとしても、引き続き婚姻費用を分担する義務は存在していますので、夫婦の中でも収入の多いほうが、もう一方に生活費を渡すなどすることが必要となります。
もしも支払ってくれないような場合については、まずは夫婦間で協議して同意による取り決めを目指すことになりますが、こうした協議が整わない場合については、家庭裁判所に「婚姻費用分担請求の調停申立」を行うことになります。

コメントは受け付けていません。