養育費の支払い方法について

 

a0015_000012離婚の際には慰謝料など様々な金銭面の取決めが行われますが、養育費も例外では無く支払い金額や方法まで細かく取り決められる事が多く、特にこの費用は子育てする為にも必要なお金ですので確実に受け取る為にも会って手渡しで受け取りケースが多く見られます。

その理由として考えられるのは子供との面会を同時に行うとか、支払い状況が悪い場合ですと振り込みなど間接的な方法を採っていると滞納の可能性も有りますので、それを防止する為にも直接手渡しで受け取る事で行方不明になるのを防ぐ効果も有ります。しかし実際には支払い不履行で行方不明になるケースも少なくありませんので、その問題が現在かなり問題視されています。

そして約束事を守らせる為にも受取金額や受け取り方法を細かく決めた内容を公正証書に残す方法を取り入れている夫婦も多く、万が一約束が守れなかった場合には財産を差し押さえる事で生活が困窮する事を未然に防ぎ子供を無事に育てられる様な対策を採っている女性も多くなっています。

口約束だけでは信用できないのが世の常ですので、約束を必ず果たさせるには最上の方法でも有りますが父親としては子供に会いたい気持ちも有りますので全体的には約束を守る父親は多いです。